【活〆車海老】貰って嬉しい贈答品、生きたまま箱から取り出し下処理して食べるまで

お正月に食べたいご馳走「車海老」
縁起物なので家族で食べてもよし
贈答品にも最適です。

わが家は沖縄の叔父から
美味しい車海老を送って頂き
大満足な年越しが出来た経験あり
貰って嬉しい贈答品です。

自分では買いにくい贅沢食材
頂く方はかなり嬉しい
かも

活〆は扱いも少し面倒なので
箱から出し下処理し
食べるまで記事にしました。

冷凍より「活き車海老」ギフト
近所のスーパーでは買えないので
個人的にオススメ
です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

車海老について簡単説明

簡単に説明します。
十脚目車海老科の海老です。

日本近海からオーストラリア北部
南アフリカ、インド太平洋沿岸など分布

漁獲産地 愛知、愛媛、大分
養殖産地 沖縄、鹿児島、熊本

天然物旬 6月~8月
養殖物旬 12月~2月

夏のお中元には天然物
冬のお歳暮には養殖物
がちょどイイ時期です。

価格差(時価ですので参考までに)
天然 1K 1万~1.5万円
養殖 1K 6千~8千円
無頭 1K 3千~4千円
1Kはサイズ次第ですが約20~30匹程

「えび」が縁起よい理由

曲がった腰、長いひげ=長寿
目が飛びだしている=めでたし

贈答品に最適です

生きた海老は旨いし大喜び

車海老の贈答品を頂き
嬉しいのは生きたまま空輸され
新鮮で甘くぷりぷり美味しい

子供達は生きた海老に大喜び

キッチンが賑やか
お子さん居る家庭に最適なギフト
生きた海老に大興奮です。

調理する大人も新鮮さに
テンション上がります。

活〆車海老、食べるまでの手順

生、焼き、フライ、蒸し
何でも美味しい。
個人的な好みですが
私は素材の味が大好き断然生食派です。

箱から出して下ごしらえ

箱の状態で届きます。
おがくずに仮死状態の海老がいます。

そのままの状態では目を覚まして
大暴れしてしまう海老さんがいて
おがくずまみれになります。
新聞紙と氷水用意して準備。

何度か経験重ね一番イイ方法が
キッチンで手際よく取出し氷水へ

氷水に入れる事によって
調理するまで麻痺させ動きません。

殻と背ワタを取り除き下ごしらえ
寒い日の氷水は結構きついです。

食べ方、調理方法画像で紹介

各家庭の好みで調子して下さい。
うちは生食と焼きを半分づつ
他に天ぷら、蒸しもOK

個人的に生食推しです。
頭と殻と背ワタをとって頂きます。

刺身が苦手な方もいるので
串を刺し魚焼きグリルへ

グリル焼きは塩ふり殻付きのまま
食べる時に殻むき頂きます。

刺身の為に取り除いた殻は
捨てずにみそ汁の出汁に使用します。

箱を開けてそのままでは食べれず
少し手間はかかりますが
産地直送、生きたままの車海老は特別。

沖縄の養殖しか食べた事ありませんが
各産地の車海老の味も試してみたい。

今回のレポは過去に頂いた車海老を
夫実家で豪快に食べるまでの過程でした。

車海老が食べれる店、宿もある

まだ足を運んだ事はないのですが
新鮮な車海老料理が食べれる場所
ご近所にあるなら行きたい。

食べれる宿があります

山口県秋穂温泉の国民宿舎
「あいお莊」

世界初、車海老養殖を事業化した
山口県秋穂町です。(昭和38年)
熊本県天草も(昭和38年)養殖開始。

食べれる店もあります

東京都港区新橋の車海老専門店
「車海老専門店 手一束」

養殖所が運営する店

沖縄県宜野座村、名護市にある
養殖場の直営、車海老レストラン

予算と時間があるのなら
食べに是非行きたいけど
わが家、今年の予定はお取り寄せ。
天草は山口と同様に歴史ある養殖地です。

家族で車海老
下ごしらえも楽しいですよ。
勿論、贈答品にオススメです。


ふるさと納税もあります。

わが家のふるさと納税
今年は日用品がメインです。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

愛犬+5人家族

旦那転職させ700万借金を完済。
ようやく人並暮らしで念願の家購入。
夫の中国赴任に家族帯同。
長男は不登校から復活中。
節約・散財・離婚危機、色々乗り超え
「心・体・金」は大事と実感。
程良い5人暮らしの情報発信してます。
詳細は自己紹介まで